トップページ > 記事閲覧
中歯間接触エリア
日時: 2020/05/18 11:39
名前: tasuto   <tasuto@yahoo.com>
参照: http://www.shikasale.com/

両側の中で歯を切るのは完全に対称で、上の中で歯の遠い中で角を切って遠くの中で歯茎に向って移動する傾向があって、側で歯を切るのは近い中で角を切って近い中で歯先の形成する点の角に向って接します。

歯軸面の襟接エリアの周囲の隙間は、歯冠軸面の正常な突起によって形成されます。唇、頬側に位置する者を唇、頬の外展ギャップと呼び、舌側に位置する者を舌の外展ギャップと呼び、縁を切ったり面を合わせたりする者を外展ギャップと呼びます。
切歯の切れ目は1-1間が最小で、1-2間がやや大きく、2-3間が最大です。

中歯間接触エリアの高さは中歯高さの50%であり、中歯と側歯接触エリアの高さは中歯高さの40%であり、側歯と尖歯の接触エリアの高さは中歯高さの30%であり、自然にだんだん大きな外展ギャップを形成している。隣接点の連続線と下唇の弧度が調和している。
https://www.shikasale.com/category-166-b0-%E6%AD%AF%E7%A7%91%E7%94%A8%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%9A.html

同名の歯の長軸は中線と左右対称です。上下の歯の中の線が一致していて、上の尖歯が完全にあごの尖歯と第一の尖歯の間に位置していて、緊密な接触関係を形成しています。

メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存