本免試験

仮免許受験に5回を費やした私ですが、本免許は1回で合格しました。一概には言えないと思いますが、本免許は仮免許と比較すれば、かなり楽だと感じました。
ただし、これだけは個人差があります。本免試験時には5回目にようやく合格とか4回目もやはり落第した方もおりましたので、やはり相当な覚悟を持って臨まれたほうがよいかと思います。

どうして本免で落ちる人がいるのかを考えてみた

一発免許マスコットガール

私の感覚では仮免に比較すれば、本免での路上試験のほうがはるかに楽に思えるのだが、どうもそうでない方もいるらしい。仮免の道路よりも一般道のほうが広くて走りやすいと思っているのだが。

そこではたっと浮かんだのだが、その走りやすさが逆に命とりになっているのではないかと。いくら広くて走りやすいといっても、やることは仮免で行ったことを厳密に実行しなければいけないということです。キープレフトや首振り安全確認、最高速度の遵守等々です。

一般道ですからそこには沢山の車が走っていると思いますが、一切気にする必要はありません。試験でのペースを遵守するのです。煽られようがどうしようがスッタことではありませんからね。ただあまりゆっくり走ると通行妨害で減点されます。定められた速度になるべく沿って走るようにしてください。

これまで仮免の技能編で説明してきたことをきっちり実行すれば合格するはずです。まして本免試験までたどりついたわけですから、できないわけがないのです。

また仮免とは仮の免許証までいただいているわけですから、路上運転のさいには是非実際の試験コースを走ってみるべきです。幕張の免許センターはかなりせこくて路上試験コースを公開していませんが、先日山形県の運転免許センターに行ってみたらなんと路上の試験コースが公開されておりました。億劫がらずにさっそく実行してみましょう。

本免学科試験

本免技能試験を受験するためには当然学科試験があります。仮免の学科試験と違いまして、イラスト問題5問を含めて95問50分間90点以上合格をクリアしなければいけませんが、仮免許の時にがっちりと勉強をしておけば、本免学科試験の前日あたりにちょっと復習しておけば大丈夫だと思います。学科問題はやろうと思えばどこでも学習できるものです。

一発免許ではとにかく一番最初に学科問題を完全にクリアした状態にしておいて、技能試験集中して臨むことが合格への早道だと思います。学科試験は絶対大丈夫っていうぐらいの自信がつくまでは全ての受験を控えるべきでありましょう。

本免技能試験

さて、午前中の学科試験に合格しますと、いよいよ技能試験の路上試験となります。最初に地図を手渡されます。私が手渡された地図は4コースで、幕張メッセの裏側がスタート地点となっておりました。それぞれ受験者に手渡される地図は正確ではありませんが、コースが5種類ぐらいになっていたと思います。

場内試験コースから試験官の指示に従ってスタート地点へ向かいます。この場合の順路は地図上では示されておりません。試験官の「二つ目の信号を右折してください・・・」等の指示に従って運転します。やがてスタート地点に到着しますと、ゴール(幕張試験場)までの順路を自己申告します。誰も遠回りしてゴールの試験場へ向かうなんて人はおりません。当然最短距離のコースを選択することになります。

私の最初に考えた作戦の落とし穴を試験当日他の受験者からの情報で覆りました。最初に考えた作戦とは、スピード違反だけはしてはいけないので、全コースを40km/時以下でトロトロ走行しようとしたのです。

試験前の情報交換で、それは絶対にやってはいけないことだそうです。 途中制限速度が50km/時のところもあります。その区間を例えば30km/時で走行すれば、即、落第だそうです。

理由は他の車両の通行の流れを故意に妨げたということになるのだそうです。 では他の車両の通行の流れに乗ってスピードオーバーした場合はというと、勿論落第ですね。スピード違反ですから。ただ試験区間はそんなに交通量は無いですから心配することはありません。

行きはコース図に従い帰りは自由コース

本免の技能試験は最初に渡されたコース図に従って目的地に向かいます。帰りは自分で設定したコースを試験官に口頭で申告したコースに従って仮免試験場内コースに戻ってきます。

車庫入れ・縦列駐車

さて、ここまで仮免許から読み進めてきた方には何かが抜けているように思われるでしょう。そうです、「車庫入れ」「縦列駐車」です。ここで「車庫入れ」と言ってますが、正しくは「方向転換」といいます。「方向転換」と「縦列駐車」は本免許技能試験の最後に実施されます。一般道を走って試験を受け、また幕張免許センターの仮免技能試験場に戻ってきます。その時に出発した場所に戻されるか、縦列駐車か方向転換の試験場所に行くように指示されるかによって運命は決まります。

試験では「方向転換」「縦列駐車」を一緒に行うのではなく、どちらか一つです。最初に本免試験のコース図を貰いますが、その後ろに記載されています。私は縦列駐車が苦手だったので、できれば「方向転換」に当たればいいなと思っていたのですが、ずばり方向転換でありました。それも得意な運転手側からバックするという一番簡単なものでありました。

それでも、やはり緊張しているのでありまして、2度切替をやってしまいました。それでもポールにぶつけたり、脱輪するよりはマシです。2度までの切替しは認められていますから。たぶん成績はギリギリの出来だったと思っております。

合格してしまえばこっちのもんですからね。

本免試験の奥の手

標題は大袈裟ですけど、気を引くためだからごめんね。仮免許証が取れたら、一度試験場の出口近くで路上試験を受ける試験車を待ち伏せするのです。後は試験の邪魔にならない程度の距離で後ろをついていくという手段であります。これを半日ほど繰り返せばかなりの自信が生まれると思うのですが、いかがでしょうか。

でもこれにはいくつかの問題があるんですね。仮免は独りでは運転できないことですね。運転歴3年以上の人が脇に乗らなければいけないことと、路上試験は土日祭日には実施されていないので、月曜日から金曜日の間に仕事を休まなければいけないということです。もし条件が整えばやってみる価値はおおいにあると思います。

因みに私は考えついたことは考えついたのですが、実行できませんでした。

注:以前に運転歴2年以上の人が脇に乗らなければいけなと間違って書いておりました。深くお詫びして訂正しました。正しくは運転歴3年以上です。掲示板でご指摘していただいた「若葉マークさん」に感謝いたします。

朗報です!!一発免許のためのDVDとマニュアルが発売されています。

自動車運転免許証失効された貴方に贈る。一発免許サイト管理人ぽー

一発試験 必勝合格テクニック研究所というところから一発免許のためのDVDと冊子がセットになって発売されています。

やはり映像というのは圧倒的な情報量と、かなりの説得力がありますね。特に安全確認のための目視のタイミングなんてものはいくら文章と写真で説明しても説明できないもどかしい部分であります。それをこのDVDの映像ではあっさりと実にわかりやすく説明されてしまっています。なんだか、あまりにあっさりと納得させられてしまって、私は少し(かなり)悔しいです。やられたっていう感じです。

それから私が知らなかった部分ってのもかなり網羅されています。言われて見ればなあーるほどと納得するのですが、指摘されなければそのまま知らないでいたことがたくさんありました。それは残念ながらこのサイトにはアップすることはできません。

「一発免許必勝合格マニュアル」という冊子版も実に合理的に分類され、しかも丁寧でわかりやすく解説されているのには好感が持てますが、私が感心したのは他にA4の印刷物がおまけについてきているんですが、これがまた驚きの情報です。なにせ全国の運転免許センターに電話をかけまくって得た情報だというんだから脱帽ですね。そこまでやるかって感じで開いた口が塞がりません。これもここにアップすることはできないのが実に残念です。

一発免許を一発で合格したいと考える方は購入を考えてもいいのではないでしょか。運転免許に関する書籍は数多く出ていますが、一発免許者だけをターゲットにした教材はおそらく日本で初めてではないでしょうか。こちら「一発試験 必勝合格テクニック研究所」をご覧になってください。

また今回、作者の藤冨氏に特別にお願いして、体験談を投稿していただきました。こちらから「私が一発免許のDVDを作成した理由」をどうぞ。涙なしには読めません。(ウソウソ)

一発免許研究所より提供されたDVDダイジェスト版

一発免許合格研究所では、特別に3分間のDVDダイジェスト版を用意しましたので、ご覧ください。再生時に音声がでますので、あらかじめご了承ください。

「運転ができる」だけでは落ちる

一発免許 必勝合格テクニック研究会藤冨(ふじとみ)

はじめまして!『一発免許 必勝合格テクニック研究会』の藤冨(ふじとみ)です。
お恥ずかしい話ですが、私は以前、スピード違反と酒気帯び運転で2度も捕まり、免許取消になりました。
その前年の交通違反の罰金と合わせて総額28万円も支払った上に免許取消になってしまったため、カミさんからは
「さらに教習所代に20万ものお金が出せるわけないでしょ!」
と激怒され、一発試験を受けることになりました。
実は私も、あるキッカケが無ければ、何も知らずに一発試験を受けに行くところでした。 そして間違いなく不合格になるところでした。
免許の試験は「運転がきちんとできること」を試験する場ではなく、「安全運転がきちんとできること」を試す場なのです。
そのことに気づくことができたお陰で、私は意識を変え、まずは受験を1ヶ月延期しました。 そして、必死に情報収集を行い、トレーニングに取り組んだのです。
その結果、1回目の受験で見事、仮免技能を突破することができました。
しかも、基本中の基本がわかったおかげで、本免許(路上)まで1回も落ちることなく、免許をゲットすることができたのです!

あなたの時間とお金を大切にしてください

一発免許 必勝合格テクニックDVD教材

免許を再度取得するためにはいくつかの方法があります。
1つは認可された教習所に通うこと。
仮免許の取得は楽かもしれませんが、費用は20万円以上かかりますし、2週間〜1ヶ月以上の時間をかけるのは、はっきり言ってバカらしいですよね。
また、一度も免許を取ったことのない人たちと同じ土俵で勝負するなんて、プライドが許さないという人も多いのではないでしょうか。
また、一発試験に対応した教習所という手もあります。
この場合、80,000円くらいかかる上、3日もの間、拘束されてしまいます。
ご注文はこちらから

一発免許研究所

一発試験必勝合格マニュアル
挑戦!一発免許Ver2

自動車運転免許を直接試験で受験する方を応援する新サイトを立ち上げました。まだ未完成ですが、是非「挑戦!一発自動車免許Ver2」も参考になさってください。

運転免許失効された方に・・・

自動車運転免許を失効された方に送る。一発免許・技能審査・DVD教材

 いまさら「免許をとるために自動車教習所に通うので、休ませてください」とはとても、会社には言い出せる状態ではないのです。
 それなりの資金も用意しているのですが、とにかく時間が取れないことが一番の問題なのであります。
 それに一発免許は超難関だと聞いてるので直接免許試験を受けて合格するのかも心配なのです。


一発免許合格研究所