広島県運転免許センターにて こば(2008/07/04)

広島運転免許センターで普通仮免を受験しました。もともとMT車が好きなのですが、最近乗っていないので受験はATにしました。それでも恥ずかしながら、合格まで10回を要しました。電光掲示板に自分の番号を発見したときは、大学に合格したときより嬉しかったです。

私のように教習所のお世話にならず、広島免許センターで仮免を受ける人がどのくらいいるのかわかりませんが、多分後に続くだれかの役に立つと信じて、コース走行のアドバイスを書いてみます。教習所で時間教習を受ければ教えてくれることばかりだと思いますが、そこで数万払うのもねぇ。でも10回も受けるのなら、5回分(2万5千円)で5時間教習を受けるという手もあったかと反省していますが。

準備

広島免許センターでは場内のコース図を販売していません。私は3回目の落第のあと、壁に貼ってあるコース図をデジカメで撮影し、写真にしました。これを毎回持参し、合格まで使用しました。他の受験者はA4サイズのコース図を持っていましたが、あれは教習所でもらうもののようです。そんなお金を使いたくない人、先ず検定コース図を写真に撮りましょう。

発進

発進時にルームミラー・サイドミラー・右後ろ目視による確認はあたりまえだけど、「左側を目視しなかった」と注意されたことがあります。「発進時にはあらゆる方向を再確認」、と決めておいたほうが無難です。

発進直後

発進から最初のコーナーまで150mほどはあるでしょう。この間をあまりにトロトロ走ると試験官に「加速して」と言われたり、あとで「メリハリがない走り」と言われることがあります。発進後一度アクセルを踏んで40祖度にし、コーナー手前で安全速度30舛僕遒箸垢里ベストです。

コーナーの走行

私、コーナー(カーブ)走行時にブレーキを軽く踏んで、危険行為とみなされ検定中止になりました。MT車ならアクセルを離せばエンジンブレーキがかかりますが、AT車はブレーキを踏まなければ減速しません。カーブの前にブレーキを踏む。安全速度まで落とす。AT車の鉄則です。カーブでブレーキに触らないこと。

直線(課題速度)

課題は時速50舛任后アクセルをゆっくり踏んでいると、直線が終わるころに50舛砲覆蝓高速でコーナーにさしかかる危険があります。私はそんな状態で、試験官にブレーキを踏まれ検定中止になりました。

直線に入ったら一気にアクセルを踏んで50舛肪し、アクセルをはなし気味にして速度を維持し、コーナー手前で安全速度30舛僕遒箸垢里ベストです。

車線変更

外周から内側へ入っていく前に、左車線から真中車線、さらに右車線へと車線変更しなければなりません。右折する交差点から逆算すると、その交差点手前の直線の中ほどでは右側車線にいなければなりません。よってまず、直線手前のコーナーを走りながら1回目の車線変更、コーナーがー終わってから2回目の車線変更、となります。車線変更の手順はお約束どおり「ルームミラー、合図、サイドミラー、目視、前を向いて」車線変更、です。合図は、1回目の車線変更後、消灯。2回目の車線変更後、消灯。その後右折のための合図点灯、とやるのがベストです。合図をつけっ放しでは消すように指示されることがあります。または検定終了後に「ウインカーが早すぎる、長すぎる」と言われます。

右折

右折する前に中央線に車体を寄せなければなりません。しかし、決して中央線を踏んではなりません。絶対に!私はこれで一度落第しました。考えられないことかも知れませんが、右折・左折を短い周期で繰り返すとき、うっかり中央線を踏むことはあります。ダメダメ! 右折時には中央線に、「寄せよ、踏むな」です。同様に交差点の道路上に書いてある安全地帯、これも踏んではいけません。あれはまさに地雷です。踏むと命取りです。

左折

左折する前には、車体を左へ寄せますよね。もちろん合図を出し、目視してから幅寄せします。左に折れるのに、どこでハンドルを切るか。私も含めた運転経験者は、左折時に小回りしたつもりでも余裕を取っているのではないでしょうか。しかしそれでは落第です。私など試験官に、「左折の直前にハンドルを右に振っている。危険行為だ」とまで言われました。無意識のうちに軽く右に振って左折していたようなのです。普通の道路ならその方がいいと思うのですが、試験場では失格です。

前輪がコーナーにかかったらすぐに目いっぱいハンドルを切る。左の後輪が乗り上げるか?と思う程度でちょうどいいハズ。駐車場にブロックでコーナーを作り、自分の車で試してみるとわかります。

踏み切り

AT車の人はいいけど、MT車の場合クラッチ合わせだけで発進していて後退したのを見たことがあります。サイドブレーキを使ってもいいのではないでしょうか。私はAT車ですがサイドブレーキを使いました。

障害物

障害物をよけるため早くから右側に出すぎて、「逆走」といわれたことがあります。よけるためにハンドルを切るのは、障害物の手前5辰らいでしょうか。もちろん合図は早めに出しておかなければなりません。障害物と車体の距離は1m程度。障害物の横に差し掛かったらすかさず左ウインカー点灯。ミラーと目視で左側を確認し、「前を向いてから」車体を左へもどす。私は、左側を目視しながらハンドルを左へ切って注意されました。ハンドルを切るのは「前を向いてから」です。

見通しの悪いT字路?

広島免許センターには、高い壁で見通しを悪くしたT字路があります。T字の縦棒から進入するときは、見通しが悪いのだから徐行と目視確認が必須です。しかしT字の横棒の道、つまり直進道路を走るとき、確認や徐行が必要でしょうか。「必要なし!」と思った私が間違いでした。

「法令上は確認も徐行も必要ない」と教習所の社長は断言しました。しかし一方、「この免許センターの試験官の中には、確認・徐行が必要だと思っている者がいる。全員ではないが。」とも言っていました。そのタイプの試験官に私、あたりました。あえなく落第。気をつけましょう。法令に照らしても仕方が無いのです。広島免許センターでは、【見通しの悪いT字路】では、どの道を走っていても【徐行・目視確認】です。これ必須!

クランク

クランクの中など、難なく走れる人がほとんどでしょう。問題はクランクへの入り方、つまり左折です。クランクを上手に抜けることだけ考えていると、左折がおろそかになり、入り口で左後輪と縁石の間があいてしまいます。左折は慎重に、十分速度を落として、できるだけの小回りで。

S字カーブ

S字を走れない人もいないでしょう。でも私、一度だけS字カーブ内で「接輪」しました。S字に入るときにいつもより左をくっつけて、つまり正しく左折進入した。結果、その後で戻すハンドルの角度が足りなかったのか、左後輪が軽く縁石に触れました。脱輪ではなかったのでそのまま走行。検定中止となりました。どうすれば良かったのか試験官に質問しました。曰く「接輪は脱輪と同じ。あたったらすぐ止まり、後退してやり直し」とのことでした。「接輪」という言葉、初めて知りました。お気をつけあれ。「接輪」もあるかもと考え、S字やクランクはユックリ走りましょう。

坂道発進

広島免許センターではどの試験コースでも最後は坂発進です。坂発進する道は外周の更に外側に設けられた広い道です。ほぼ3車線は取れそうな広い道ですが車線はありません。これがクセモノです。

まず外周から坂発進の道へ進入するとき、外周の直線から道なりに進めばそのままこの道に入っていくのですが、ここは外周本線の脇道扱いですから、左ウインカーを出し、速度を落とし、左側を目視確認して車を左に寄せる必要があります。さらに脇道に入って坂まで、キープレフトが試されます。広い道の真中を走ったのではもう論外。道路左端から1m以内まで寄せましょう。坂で止まって発進の前、ミラーと直接目視で左右後方を確認しましょう。そして発進。でもアクセルを踏み込むなぞは、これも論外です。発進して2mも行けば坂の頂上。しかも「急な坂の頂上付近」です。急坂の峠付近は・・・?そう「徐行」です。私、ここを駆け抜けて試験官にブレーキを踏まれました。峠を過ぎて下りにかかっても、「急坂の下り」ですから、やはり徐行です。大げさにポンピングブレーキで減速しましょう。

坂を降りたら道なりで再度外周と合流しますが、坂を降りたあたりから外周を確認。左ウインカーを点灯させ、外周上を車が来ていないのを確認して合流。左後ろを目視確認して出発地点へ戻ります。

以上、主によく採用される「検定2コース」を念頭におきながら書いてみました。どなたかのお役に立てばさいわいです。

朗報です!!一発免許のためのDVDとマニュアルが発売されています。

自動車運転免許証失効された貴方に贈る。一発免許サイト管理人ぽー

一発試験 必勝合格テクニック研究所というところから一発免許のためのDVDと冊子がセットになって発売されています。

やはり映像というのは圧倒的な情報量と、かなりの説得力がありますね。特に安全確認のための目視のタイミングなんてものはいくら文章と写真で説明しても説明できないもどかしい部分であります。それをこのDVDの映像ではあっさりと実にわかりやすく説明されてしまっています。なんだか、あまりにあっさりと納得させられてしまって、私は少し(かなり)悔しいです。やられたっていう感じです。

それから私が知らなかった部分ってのもかなり網羅されています。言われて見ればなあーるほどと納得するのですが、指摘されなければそのまま知らないでいたことがたくさんありました。それは残念ながらこのサイトにはアップすることはできません。

「一発免許必勝合格マニュアル」という冊子版も実に合理的に分類され、しかも丁寧でわかりやすく解説されているのには好感が持てますが、私が感心したのは他にA4の印刷物がおまけについてきているんですが、これがまた驚きの情報です。なにせ全国の運転免許センターに電話をかけまくって得た情報だというんだから脱帽ですね。そこまでやるかって感じで開いた口が塞がりません。これもここにアップすることはできないのが実に残念です。

一発免許を一発で合格したいと考える方は購入を考えてもいいのではないでしょか。運転免許に関する書籍は数多く出ていますが、一発免許者だけをターゲットにした教材はおそらく日本で初めてではないでしょうか。こちら「一発試験 必勝合格テクニック研究所」をご覧になってください。

また今回、作者の藤冨氏に特別にお願いして、体験談を投稿していただきました。こちらから「私が一発免許のDVDを作成した理由」をどうぞ。涙なしには読めません。(ウソウソ)

一発免許研究所より提供されたDVDダイジェスト版

一発免許合格研究所では、特別に3分間のDVDダイジェスト版を用意しましたので、ご覧ください。再生時に音声がでますので、あらかじめご了承ください。

「運転ができる」だけでは落ちる

一発免許 必勝合格テクニック研究会藤冨(ふじとみ)

はじめまして!『一発免許 必勝合格テクニック研究会』の藤冨(ふじとみ)です。
お恥ずかしい話ですが、私は以前、スピード違反と酒気帯び運転で2度も捕まり、免許取消になりました。
その前年の交通違反の罰金と合わせて総額28万円も支払った上に免許取消になってしまったため、カミさんからは
「さらに教習所代に20万ものお金が出せるわけないでしょ!」
と激怒され、一発試験を受けることになりました。
実は私も、あるキッカケが無ければ、何も知らずに一発試験を受けに行くところでした。 そして間違いなく不合格になるところでした。
免許の試験は「運転がきちんとできること」を試験する場ではなく、「安全運転がきちんとできること」を試す場なのです。
そのことに気づくことができたお陰で、私は意識を変え、まずは受験を1ヶ月延期しました。 そして、必死に情報収集を行い、トレーニングに取り組んだのです。
その結果、1回目の受験で見事、仮免技能を突破することができました。
しかも、基本中の基本がわかったおかげで、本免許(路上)まで1回も落ちることなく、免許をゲットすることができたのです!

あなたの時間とお金を大切にしてください

一発免許 必勝合格テクニックDVD教材

免許を再度取得するためにはいくつかの方法があります。
1つは認可された教習所に通うこと。
仮免許の取得は楽かもしれませんが、費用は20万円以上かかりますし、2週間〜1ヶ月以上の時間をかけるのは、はっきり言ってバカらしいですよね。
また、一度も免許を取ったことのない人たちと同じ土俵で勝負するなんて、プライドが許さないという人も多いのではないでしょうか。
また、一発試験に対応した教習所という手もあります。
この場合、80,000円くらいかかる上、3日もの間、拘束されてしまいます。
ご注文はこちらから

一発免許研究所

一発試験必勝合格マニュアル
挑戦!一発免許Ver2

自動車運転免許を直接試験で受験する方を応援する新サイトを立ち上げました。まだ未完成ですが、是非「挑戦!一発自動車免許Ver2」も参考になさってください。

運転免許失効された方に・・・

自動車運転免許を失効された方に送る。一発免許・技能審査・DVD教材

 いまさら「免許をとるために自動車教習所に通うので、休ませてください」とはとても、会社には言い出せる状態ではないのです。
 それなりの資金も用意しているのですが、とにかく時間が取れないことが一番の問題なのであります。
 それに一発免許は超難関だと聞いてるので直接免許試験を受けて合格するのかも心配なのです。


一発免許合格研究所