掲示板(BBS)への書込みからKAZUさんの場合

本免からのスタートです。

初めて投稿します。

更新忘れ1年未満の運転暦20年超の者です。とりあえず何をどう準備すればよいのかわからずにネットで情報を集める中、意外と情報が乏しい状況で偶然にもこのサイトに出会え当面の目標も立てられ精神的にも楽になりました。

私の内容はあまり参考にはならないとは思いますが何か1つでも誰かの役にたつことがあれば幸いと思い書き込ませていただきました。

学科は参考書の次に問題集(1700問)と短期間で集中してやりました。(私の場合、時間をかけてやると古い事から忘れてしまうので)

技能は教習所でやった安全確認を完全に忘れている事とMTを7年ぐらい運転していないので指定外教習所で3時間路上、1時間縦列と方向転換を練習しある程度感覚をつかんで8日に本免に望みました。

学科は合格しましたが、たぶんぎりぎりだったと思います。技能は不合格でした。

本免路上試験の採点範囲

私にとって初めて知った事があります。

[1]構内での採点は「出発する時」と「戻った後の課題」のみでその間の移動は採点されません。

実際私の前の方は縦列駐車後サイドブレーキを入れたまま出発し出た後にエンストして混乱し試験管に教えられ、さらにその後右側斜線から左折してしまいましたが合格しました。

最後に試験管から「構内のミスはとらないから・・」と言われました。

技能試験を受けられる方への内容に
(2) 普通第一種路上試験
試験の課題を履行する場合の条件は、次のとおりとします。
(1)採点の範囲
採点は、乗車する時(ならし走行開始地点)及び試験の起点から下車する時までについて行います。(ならし走行中から試験の起点に至るまでは除きます。)
という書き込みがありますね。この場合乗車する時は仮免の実技試験と同じです。路上試験の起点まで構内試験場を走行しますが、それは試験範囲にはいらないということでしょう。(管理者記)

[2]路上に出たら左に進み最初のバス停から採点が始まる。

以上これらの「ならし運転」とされる箇所でクラッチのクセやスピードメーターの目盛位置などを確認しながら気持ちをリラックスに持っていければと思います。

不合格だった理由

私が不合格だった理由は「左端に寄りすぎ」でした。

前情報での左折時の左寄せ対策と自分の持っている車幅感覚で私には「絶対に当たらない」感覚の寄せでも試験では「接触の危険」と判断されてしまいました。

ちなみに構内から路上左に出て最初の交差点手前で左折する場合街路樹の葉が路側帯まで伸びている部分があるので路側帯ぎりぎりまで寄せるとミラーが葉に当たり指摘されますが減点対象になるかはわかりませんが接触は接触なので避けたほうが無難だと思います。

あと3車線の道路の広い路側帯内に収まって駐車している車の横を普段の運転のクセで素通りしてしまいました。これでも立派な障害物ですので間隔か徐行が必要でした。(指摘あり)

安全確認はほぼできていたと思います。
ただ一箇所、先頭で交差点信号待ちで坂道発進がある時に坂道発進の安全確認や失敗(エンスト)しない事に気をとられ左右確認を忘れました。

前の方の試験を見たときに「合格できる」と確信したので非常に残念でなりません。

次回の試験の予約は約1ヶ月後ですが、40歳をとうに過ぎている私にとって学科試験の勉強はつらいものがあるので「書類をそろえて」の手はとらずに技能に集中したいと思います。

今回「構内の課題」を受けられなかったのでそれも含めて教えていただきたい事があります。

(1)方向転換は頭を曲げる(振る?)やり方を教わったのですが、問題ないでしょうか?その時は曲げる方向に方向指示器を出しますか?指定外教習所の先生は問題ないし合図も必要ないと言っていましたがそこは埼玉なので幕張でも同じかどうか不安です。

これはどなたかも掲示板(BBS)で指摘されておりました。他のサイトでも調査しましたが、そのとおりで大丈夫らしいです。私は左折時と同じ考えでおりましたので、首を振ることなく直角に方向変換をしようとして、二度ほど切り返しをしてしまいました。首を振っても大丈夫だと知っていればと今更ながら思います。合図も必要ないということですね。私は最初ウインカーを出し、それからハザードをつけましたが、たぶん必要ないのでしょう。車庫から出る時はウインカーは必要ですね。それから左右の確認も必要だと思います。
旨くバックできなくて切り返しをやる場合は必ず後方を振り返って目視をすることが大事です。これはS字カーブやクランクで切り返す場合も同様です。一度バックすることですからこれをやらないとかなり大きな減点になります。(管理者記)

(2)方向転換、縦列共で車を停止したままハンドルを切ることは減点になるかもしくは注意(クレーム)されたりするでしょうか。 わかる方がいましたら御教授願います。

合格しました

今日2度目の路上試験を1ヶ月ぶりに受けに行きました。
間が空いたことと前回路上のみで帰されたことで縦列と方向転換に不安があったので非公認教習所で1時間だけその教習を受けました。

朝早めに出て駅から免許証センターへ向かう道を遠回りして私にとって未知のコースであるメッセ付近の最高速度を確認しながら歩いたところ運良くそこの「3コース」にあたりました。
メッセの周りのコースはほとんど50キロ道路だったと思います。

試験は慎重に運転をしましたがところどころチェックされていたみたいで気持ちがあせってきましたが「70点まで大丈夫、大きいミスはしないように」と自分に言い聞かせなんとか試験場に戻れ右後方転換も1工程ずつ間を置きながらゆっくりと確実に行い試験を終える事ができました。

この日4人受けて3人受かりました。実際に自分が受かってみて思ったのですが、合格に向けてやるだけやったら後は運に任せるしかないと感じました。

運転経験のある人であれば合格する技術は十分持っているので後はこのようなサイトでの情報集めやその人なりの勉強で1〜3回ぐらいで合格できるものと思いました。

取得時講習に関しては試験管の「仮免の有効期限2が月以上ありますか?」の話しぶりから察してそれだけ待つことを覚悟していたのですが

このサイト内の情報にあった教習所に最初に電話したところ「明日が今埋まってしまったので次は1週間後になってしいます」と天使のお言葉。
ほぼ2ヶ月弱での再取得の日が目の前にやってきました。

最後にこのサイトへのお礼と共に何か情報になることを自分なりに書き込んでおきます。

メッセ付近の「3コース」の帰りは免許証センターを回って帰るルートと入り口前でYターンして帰る2通りが考えられますが私は前者を選択しましたが試験管が後者を勧めるような話方だったのでそちらにしたところ嫌だったYターンはすんなりできて短距離でもあり正解でした。
試験管は簡単なコースの方を勧めると思われます。

方向転換はゆっくりやっても減点になりません。(教習所教官説)早くやっても利点はなく逆にミスが出やすいので一つ一つ区切りながら確実にやったほうが良いです。(縦列も同じです)

非公認の教習所はなかなか見つけにくいですが私が利用した所は安くて要所をついて親切に指導してくれて運転のクセをたくさん改善できました。24000円で4時間やりたい教習をリクエストできますので1発試験には丁度良い回数と金額です。千葉からは少し遠いのですが紹介します。アドスドライビングスクール(埼玉北朝霞駅で送迎してもいました)

このサイトの関係の皆様、情報を提供してくださった皆様ありがとうございました。
またこれから試験を受ける皆様がんばってください絶対受かります。

朗報です!!一発免許のためのDVDとマニュアルが発売されています。

自動車運転免許証失効された貴方に贈る。一発免許サイト管理人ぽー

一発試験 必勝合格テクニック研究所というところから一発免許のためのDVDと冊子がセットになって発売されています。

やはり映像というのは圧倒的な情報量と、かなりの説得力がありますね。特に安全確認のための目視のタイミングなんてものはいくら文章と写真で説明しても説明できないもどかしい部分であります。それをこのDVDの映像ではあっさりと実にわかりやすく説明されてしまっています。なんだか、あまりにあっさりと納得させられてしまって、私は少し(かなり)悔しいです。やられたっていう感じです。

それから私が知らなかった部分ってのもかなり網羅されています。言われて見ればなあーるほどと納得するのですが、指摘されなければそのまま知らないでいたことがたくさんありました。それは残念ながらこのサイトにはアップすることはできません。

「一発免許必勝合格マニュアル」という冊子版も実に合理的に分類され、しかも丁寧でわかりやすく解説されているのには好感が持てますが、私が感心したのは他にA4の印刷物がおまけについてきているんですが、これがまた驚きの情報です。なにせ全国の運転免許センターに電話をかけまくって得た情報だというんだから脱帽ですね。そこまでやるかって感じで開いた口が塞がりません。これもここにアップすることはできないのが実に残念です。

一発免許を一発で合格したいと考える方は購入を考えてもいいのではないでしょか。運転免許に関する書籍は数多く出ていますが、一発免許者だけをターゲットにした教材はおそらく日本で初めてではないでしょうか。こちら「一発試験 必勝合格テクニック研究所」をご覧になってください。

また今回、作者の藤冨氏に特別にお願いして、体験談を投稿していただきました。こちらから「私が一発免許のDVDを作成した理由」をどうぞ。涙なしには読めません。(ウソウソ)

一発免許研究所より提供されたDVDダイジェスト版

一発免許合格研究所では、特別に3分間のDVDダイジェスト版を用意しましたので、ご覧ください。再生時に音声がでますので、あらかじめご了承ください。

「運転ができる」だけでは落ちる

一発免許 必勝合格テクニック研究会藤冨(ふじとみ)

はじめまして!『一発免許 必勝合格テクニック研究会』の藤冨(ふじとみ)です。
お恥ずかしい話ですが、私は以前、スピード違反と酒気帯び運転で2度も捕まり、免許取消になりました。
その前年の交通違反の罰金と合わせて総額28万円も支払った上に免許取消になってしまったため、カミさんからは
「さらに教習所代に20万ものお金が出せるわけないでしょ!」
と激怒され、一発試験を受けることになりました。
実は私も、あるキッカケが無ければ、何も知らずに一発試験を受けに行くところでした。 そして間違いなく不合格になるところでした。
免許の試験は「運転がきちんとできること」を試験する場ではなく、「安全運転がきちんとできること」を試す場なのです。
そのことに気づくことができたお陰で、私は意識を変え、まずは受験を1ヶ月延期しました。 そして、必死に情報収集を行い、トレーニングに取り組んだのです。
その結果、1回目の受験で見事、仮免技能を突破することができました。
しかも、基本中の基本がわかったおかげで、本免許(路上)まで1回も落ちることなく、免許をゲットすることができたのです!

あなたの時間とお金を大切にしてください

一発免許 必勝合格テクニックDVD教材

免許を再度取得するためにはいくつかの方法があります。
1つは認可された教習所に通うこと。
仮免許の取得は楽かもしれませんが、費用は20万円以上かかりますし、2週間〜1ヶ月以上の時間をかけるのは、はっきり言ってバカらしいですよね。
また、一度も免許を取ったことのない人たちと同じ土俵で勝負するなんて、プライドが許さないという人も多いのではないでしょうか。
また、一発試験に対応した教習所という手もあります。
この場合、80,000円くらいかかる上、3日もの間、拘束されてしまいます。
ご注文はこちらから

一発免許研究所

一発試験必勝合格マニュアル
挑戦!一発免許Ver2

自動車運転免許を直接試験で受験する方を応援する新サイトを立ち上げました。まだ未完成ですが、是非「挑戦!一発自動車免許Ver2」も参考になさってください。

運転免許失効された方に・・・

自動車運転免許を失効された方に送る。一発免許・技能審査・DVD教材

 いまさら「免許をとるために自動車教習所に通うので、休ませてください」とはとても、会社には言い出せる状態ではないのです。
 それなりの資金も用意しているのですが、とにかく時間が取れないことが一番の問題なのであります。
 それに一発免許は超難関だと聞いてるので直接免許試験を受けて合格するのかも心配なのです。


一発免許合格研究所