掲示板(BBS)への書込みからゆうさんの場合

幕張免許センター

はじめまして、今月初めにうっかり失効に気がついて、免許取り消しになり、地獄のどん底に落とされた者です。(この感覚は経験した人でないとわからないですよね・・・)

まずは情報収集に努める

それから毎日インターネットで免許更新の情報を調べまくりました。仕事もろくに手につきませんでした。いろいろなサイトを見ていると、以前免許を持っていた人も何度も落とされているようで、非常に不安になりました。免許センターに通うか、それとも一発にするか、、、悩みました。結局、仕事の都合上、時間がないので、一発を選択しました。

時間教習を受講する

そこで臨時講習をやってくれる教習所をさがし、2時間だけ受講したのですが、基本的な運転が全くできないことが判明し、更に落ち込みました。

駄目モトで取り合えず受験して見る

そんなときこのサイトを見て、だめもとで受けてみようと、今週頭に仮免を受けに行ったのですが、 なんと学科も実技も一発で合格しました! 奇跡です!このサイトのおかげです!ありがとうございました!

このサイトで参考にしたこと

このサイトが私にとってよかったのは、次の2つです。

1.左折を征するものは・・・

ひとつには、左折を征するものは、、、というところです。運転経験のある人は基本的に車の運転技術はあるのだから、右折、左折の基本操作が合格の9割を占めると思います。
左折するときは、、、安全確認、ウインカーをだす(3秒待つ)、安全確認、左に幅寄せ、安全確認、そして左折、、、
という一連の流れが基本ですが、今までの運転の癖がついていて、最初の安全確認の目視とウインカーの3秒待つを取り入れると、どうしても運転がぎこちなくなり、頭が混乱して運転がぼろぼろになってしまいました。

そこで思い切って、私も最初の安全確認の目視は省略し、ウインカーをだした瞬間に安全確認(バックミラー、サイドミラー、目視をして3秒弱くらいになる)をするという一連の流れに変更したとたん、ぎこちなさがなくなりました。

更に左折する10メートル手前から止まるくらいのスピードに落として、のろのろ運転をすると、最後の安全確認をするための時間的な余裕ができ落ち着いて左折に入ることができ、更にゆっくりなので左に膨らむこともなくなりました。これが私の左折攻略法です。

2.第二コースのシュミレーション

もうひとつは、第二コースのシュミレーションです。とにかくコースを頭に叩き込みました。何度もイメージトレーニングを繰り返しました。シュミレーションでは注意点も書かれているので、これも頭に叩き込みました。

実際にコースを歩いて見る

更にコースを開放している時間を最大限利用してコースを歩いて、実際のコースのイメージを頭に叩き込みました。コースの中を歩きながら、『ここでウインカーを出す』、『ここでセカンドに入れる』などとささやきながら、歩いていました。これが更に自信につながり、不思議なことに歩き終わったら、それまでの緊張がとれていました。
(当日は7月20日の猛暑で40度近くあったのですが、暑いとは思いましたが、そんなことは気になりませんでした。それだけ真剣だったということでしょうか。)

うれしさのあまり長文を書いてしまいましたが、とにかく仮免を取れたのは、当サイトのおかげだと思っており本当に感謝しております。

体を鍛えなさいって・・・

実際にコースを歩いて見る

なんだか体育会系のような標題になってしまいました。運転免許センターの仮免実技の試験場は案外広いのです。これ実際にコースを歩いてみると本当に実感します。受験にあたっては最低でも1回は当日実施されるコースをイメージトレーニングを重ねながら歩くことは絶対に必要なことであります。ところが普段あまり歩くことに慣れてなかったり、運動不足であったりすると、試験コースを一回りすることもシンドクてアゴをだしてしまい、イメージトレーニングどころでなくったりします。

運転免許を取るのに体を鍛えろなんて変な話ですけれども、散歩しながら、右左折のシミュレーションを繰り返したり、目視での安全確認の練習をしてもいいので、一発免許に挑戦すると決めたときから散歩をしたり、自転車に乗ったりと体の鍛錬をするようにしてください。そうすれば免許証は短期間に安価に取れるし、なおかつ健康な人生までも手に入れられるわけであります。

まずは情報収集に努める

これもいたるところで述べていることです。何ごともできるだけ正確に全貌を掴まなくては挑戦することはできません。そうしないと大きな勘違いをしたまま勝負に挑み敗北を味わうことになります。たとえ負けたとしても、その敗因がわかっていれば次回の挑戦ではまだまだ希望の光はあるわけです。しかし勘違いしたままでは、同じ失敗を空しく重ねるだけなのです。これはなんとしても避けなければいけないことです。ですから情報の収集がもっとも重要なことになるのです。

ほとんどの主要な情報をこのサイトでは網羅しているつもりでいますが、運転免許センターによって受験の方法が違う場合があります。例えば午前中に仮免学科試験に合格すれば、午後から仮免実技試験が受験できるとか、あくまでも仮免実技試験は予約を取らなければいけないとか。仮免試験場のコースを開放しているか、いないのか、開放しているとすれば何時なのか。等々個別の情報を集めることから始めてください。また運転免許試験場によっては自分の車を持ち込んで練習できる場合もありますので念入りに調査してください。以上のことは各運転免許センターに問い合わせればすぐにわかりますから。

また、時間貸しの自動車学校か自動車教習所をみつけて練習することも有効だと思います。この情報も収集して有効に利用することをお勧めします。
ようするに利用できるものは徹底的に調べて利用しつくせということです。

何よりも合格の一報が嬉しいです

このようなお便りをいただくと、涙がこぼれるぐらいに嬉しくなってしまいます。ゆうさんは私がいわんとしていることを100%理解して運転免許試験に挑戦しております。まずは情報の収集を行い、直接試験においての要点を整理して、徹底的に自分の弱点を克服することに努力を払っています。

朗報です!!一発免許のためのDVDとマニュアルが発売されています。

自動車運転免許証失効された貴方に贈る。一発免許サイト管理人ぽー

一発試験 必勝合格テクニック研究所というところから一発免許のためのDVDと冊子がセットになって発売されています。

やはり映像というのは圧倒的な情報量と、かなりの説得力がありますね。特に安全確認のための目視のタイミングなんてものはいくら文章と写真で説明しても説明できないもどかしい部分であります。それをこのDVDの映像ではあっさりと実にわかりやすく説明されてしまっています。なんだか、あまりにあっさりと納得させられてしまって、私は少し(かなり)悔しいです。やられたっていう感じです。

それから私が知らなかった部分ってのもかなり網羅されています。言われて見ればなあーるほどと納得するのですが、指摘されなければそのまま知らないでいたことがたくさんありました。それは残念ながらこのサイトにはアップすることはできません。

「一発免許必勝合格マニュアル」という冊子版も実に合理的に分類され、しかも丁寧でわかりやすく解説されているのには好感が持てますが、私が感心したのは他にA4の印刷物がおまけについてきているんですが、これがまた驚きの情報です。なにせ全国の運転免許センターに電話をかけまくって得た情報だというんだから脱帽ですね。そこまでやるかって感じで開いた口が塞がりません。これもここにアップすることはできないのが実に残念です。

一発免許を一発で合格したいと考える方は購入を考えてもいいのではないでしょか。運転免許に関する書籍は数多く出ていますが、一発免許者だけをターゲットにした教材はおそらく日本で初めてではないでしょうか。こちら「一発試験 必勝合格テクニック研究所」をご覧になってください。

また今回、作者の藤冨氏に特別にお願いして、体験談を投稿していただきました。こちらから「私が一発免許のDVDを作成した理由」をどうぞ。涙なしには読めません。(ウソウソ)

一発免許研究所より提供されたDVDダイジェスト版

一発免許合格研究所では、特別に3分間のDVDダイジェスト版を用意しましたので、ご覧ください。再生時に音声がでますので、あらかじめご了承ください。

「運転ができる」だけでは落ちる

一発免許 必勝合格テクニック研究会藤冨(ふじとみ)

はじめまして!『一発免許 必勝合格テクニック研究会』の藤冨(ふじとみ)です。
お恥ずかしい話ですが、私は以前、スピード違反と酒気帯び運転で2度も捕まり、免許取消になりました。
その前年の交通違反の罰金と合わせて総額28万円も支払った上に免許取消になってしまったため、カミさんからは
「さらに教習所代に20万ものお金が出せるわけないでしょ!」
と激怒され、一発試験を受けることになりました。
実は私も、あるキッカケが無ければ、何も知らずに一発試験を受けに行くところでした。 そして間違いなく不合格になるところでした。
免許の試験は「運転がきちんとできること」を試験する場ではなく、「安全運転がきちんとできること」を試す場なのです。
そのことに気づくことができたお陰で、私は意識を変え、まずは受験を1ヶ月延期しました。 そして、必死に情報収集を行い、トレーニングに取り組んだのです。
その結果、1回目の受験で見事、仮免技能を突破することができました。
しかも、基本中の基本がわかったおかげで、本免許(路上)まで1回も落ちることなく、免許をゲットすることができたのです!

あなたの時間とお金を大切にしてください

一発免許 必勝合格テクニックDVD教材

免許を再度取得するためにはいくつかの方法があります。
1つは認可された教習所に通うこと。
仮免許の取得は楽かもしれませんが、費用は20万円以上かかりますし、2週間〜1ヶ月以上の時間をかけるのは、はっきり言ってバカらしいですよね。
また、一度も免許を取ったことのない人たちと同じ土俵で勝負するなんて、プライドが許さないという人も多いのではないでしょうか。
また、一発試験に対応した教習所という手もあります。
この場合、80,000円くらいかかる上、3日もの間、拘束されてしまいます。
ご注文はこちらから

一発免許研究所

一発試験必勝合格マニュアル
挑戦!一発免許Ver2

自動車運転免許を直接試験で受験する方を応援する新サイトを立ち上げました。まだ未完成ですが、是非「挑戦!一発自動車免許Ver2」も参考になさってください。

運転免許失効された方に・・・

自動車運転免許を失効された方に送る。一発免許・技能審査・DVD教材

 いまさら「免許をとるために自動車教習所に通うので、休ませてください」とはとても、会社には言い出せる状態ではないのです。
 それなりの資金も用意しているのですが、とにかく時間が取れないことが一番の問題なのであります。
 それに一発免許は超難関だと聞いてるので直接免許試験を受けて合格するのかも心配なのです。


一発免許合格研究所