外周から40km走行区間

一発免許博士

各免許センターの事情によって、必ずしも最高速度が時速40kmでない場合もあると思います。試験場の広さの関係から30km走行のところもあるだろうし、50km走行のところもあるだろうと思います。適宜指定速度に読み替えてください。ここでの注意はスピード違反に注意することです。1kmや2kmのオーバーは大目に見られるでしょうが、3kmオーバーは減点されるでしょう。スピードメーターには細心の注意を払ってください。またあまりに用心深くて時速40kmに達しないというのも減点の対象となります。

この直線では一挙に時速40kmにあげることが要求されます。幕張免許センターの場合はこの直線に入る前は大きな右回りカーブです。カーブに入る前は大幅に減速して入りますが、抜けるときはスピードを上げます。カーブを抜けたらそのまま加速して速度を40kmにあげることが必要です。

他の試験場で受験なされるかたは、あらかじめコース図を見て、どのように走ればよいのか事前に考えておいてください。試験の前にコースを開放していれば、試験場を歩いて要所要所を必ず確認するようにしてください。

カーブの途中でブレーキを踏めば減点です

スローイン・クイックアウトはカーブでの大原則です

案外忘れられているのはカーブでの走行の仕方です。カーブに入る前はシフトダウンして、ブレーキをかけて充分に減速してから入ります。カーブの途中でブレーキを踏むようなことがあれば大減点です。充分にまがりきったところで、アクセルを踏んでスピードあげて、すばやくカーブをぬけます。これは必ず守ってください。

参考ページ:試験場はじぇーーんぶキープレフトです。

ここに書いてある内容のほとんどは普通車仮免第2コースのフラッシュ動画に表示されていることと同じですが、後にわかったことや、説明不足だと思われることを補足した内容になっております。また幕張免許センター内の写真を豊富に掲載してあります。

コース図

40km走行区間

メリハリのある運転

試験開始の看板から本番となります。カーブを2度重ねてから、40km走行区間になります。ここでの注意は急速に40kmまで加速することです。トロトロと加速してはいけません。急速に加速しないと、試験官のワンポイントアドバイスの時に「運転にメリハリがありません」と言われます。

バック(ルームミラー)で後方確認

これは私も知らなかったのですが、直線コース40km区間ではバック(ルーム)ミラーで後方を2度ほど確認しないと減点になるそうです。注意してください。

目視での安全確認が基本です

一発免許マスコットガール

バックミラーの後方確認は、何度もいいますが、目だけでチョロチョロとやってはいけません。
試験官が「おっ!後方を確認したな」と、わかるように大げさに首を振ってください。大げさに首を振るっていっても限度がありますけれどね。
本当はチラッと見れば済むのですけど。

参考ページ:首振り首ふり1・2・3の巻


試験開始 外周カーブ
試験開始 スタート地点1
40km 40km中間

40km走行区間の終焉

40km走行が終わる際には必ずポンピングブレーキとシフトダウンによるエンジンブレーキを使用してください。幕張免許センターの場合はどの普通車の仮免試験の場合はどのコースであっても、左の側道に侵入して、坂道発進へと続きますので左折の準備をしなくてはいけません。他の免許センターの場合は次に何をするのかをあらかじめ確認しておいてください。

坂道発進へ

40km走行区間が終わりますと左斜めに進入することになります。よって後方確認を行い3秒前に左折の方向指示器を出しまして減速してください。

実際に左折する時も後方確認を必ず行ってください。この区間もキープレフトをしていれば別段あらためて左側に寄せる必要はないはずです。

キープレフトとは左端から50cm程度の間隔で走ることです。試験場内は右折するとき以外は全線左端から50cmもしくは1m以内の間隔で走行しましょう。50cmの間隔というのはかなり近くに感じるはずです。たんに左寄りを走ればいいのかなんていうのは駄目です。厳しく左に寄せるのです。50cm以内ってのは左縁石等に接触する可能性がありますから減点の対象になりますから気をつけてください。

40km走行終了1 40km走行終了2
そろそろ40km走行区間が終わります。急激に速度を落としてください。
40km中間 40km中間2
坂道発進コースへ
40km中間

挑戦者ヤマザキの場合

試験官イナガキ

前回はこの区間を50kmで走って試験中止になってまった。
本当はいこんなところ100kmでも走れるんだけど。
今回は最初から作戦を考えてきたんだよ。
40km以下で走れば文句はないだろう。
そうすれば、このおっさんも文句のつけようがないだろうよ。
それにしても、またこのおっさんが試験官かよ、よくよく俺もついてねえよなぁ


試験官イナガキ

なんだ。また、このあんちゃんかよ。
こりずに良くくるよなぁ。
先日は、この直線道路で確か50km以上のスピードを出して試験中止になったんだよな。
しかし、こんな狭い道路をあんなスピードで走られたのにはさすがにビビッタよ
・・・・・・・・・
な!なんだぁ、この遅いスピードは?????
なるほど、40kmを超えなくてはスピード違反にならんと、この馬鹿は馬鹿なりに考えてきたんだな。
確かに一般道では制限速度を超えなければ違反にはならないからな。
しかし、こいつは肝心なことがわかっておらんなぁ

ここは運転免許試験場なんだよ。この区間での試験は指定された時速40kmで走れるか走れないかを試してるってことを

しかし、この遅さでは後続の試験車の通行妨害にもなるな。ま、可哀想だけどここで今回の試験は中止だな。


これでこの章は終わりです。次に急な上り坂から坂道発進そして急な下り坂、踏切へと続きます。

朗報です!!一発免許のためのDVDとマニュアルが発売されています。

自動車運転免許証失効された貴方に贈る。一発免許サイト管理人ぽー

一発試験 必勝合格テクニック研究所というところから一発免許のためのDVDと冊子がセットになって発売されています。

やはり映像というのは圧倒的な情報量と、かなりの説得力がありますね。特に安全確認のための目視のタイミングなんてものはいくら文章と写真で説明しても説明できないもどかしい部分であります。それをこのDVDの映像ではあっさりと実にわかりやすく説明されてしまっています。なんだか、あまりにあっさりと納得させられてしまって、私は少し(かなり)悔しいです。やられたっていう感じです。

それから私が知らなかった部分ってのもかなり網羅されています。言われて見ればなあーるほどと納得するのですが、指摘されなければそのまま知らないでいたことがたくさんありました。それは残念ながらこのサイトにはアップすることはできません。

「一発免許必勝合格マニュアル」という冊子版も実に合理的に分類され、しかも丁寧でわかりやすく解説されているのには好感が持てますが、私が感心したのは他にA4の印刷物がおまけについてきているんですが、これがまた驚きの情報です。なにせ全国の運転免許センターに電話をかけまくって得た情報だというんだから脱帽ですね。そこまでやるかって感じで開いた口が塞がりません。これもここにアップすることはできないのが実に残念です。

一発免許を一発で合格したいと考える方は購入を考えてもいいのではないでしょか。運転免許に関する書籍は数多く出ていますが、一発免許者だけをターゲットにした教材はおそらく日本で初めてではないでしょうか。こちら「一発試験 必勝合格テクニック研究所」をご覧になってください。

また今回、作者の藤冨氏に特別にお願いして、体験談を投稿していただきました。こちらから「私が一発免許のDVDを作成した理由」をどうぞ。涙なしには読めません。(ウソウソ)

一発免許研究所より提供されたDVDダイジェスト版

一発免許合格研究所では、特別に3分間のDVDダイジェスト版を用意しましたので、ご覧ください。再生時に音声がでますので、あらかじめご了承ください。

「運転ができる」だけでは落ちる

一発免許 必勝合格テクニック研究会藤冨(ふじとみ)

はじめまして!『一発免許 必勝合格テクニック研究会』の藤冨(ふじとみ)です。
お恥ずかしい話ですが、私は以前、スピード違反と酒気帯び運転で2度も捕まり、免許取消になりました。
その前年の交通違反の罰金と合わせて総額28万円も支払った上に免許取消になってしまったため、カミさんからは
「さらに教習所代に20万ものお金が出せるわけないでしょ!」
と激怒され、一発試験を受けることになりました。
実は私も、あるキッカケが無ければ、何も知らずに一発試験を受けに行くところでした。 そして間違いなく不合格になるところでした。
免許の試験は「運転がきちんとできること」を試験する場ではなく、「安全運転がきちんとできること」を試す場なのです。
そのことに気づくことができたお陰で、私は意識を変え、まずは受験を1ヶ月延期しました。 そして、必死に情報収集を行い、トレーニングに取り組んだのです。
その結果、1回目の受験で見事、仮免技能を突破することができました。
しかも、基本中の基本がわかったおかげで、本免許(路上)まで1回も落ちることなく、免許をゲットすることができたのです!

あなたの時間とお金を大切にしてください

一発免許 必勝合格テクニックDVD教材

免許を再度取得するためにはいくつかの方法があります。
1つは認可された教習所に通うこと。
仮免許の取得は楽かもしれませんが、費用は20万円以上かかりますし、2週間〜1ヶ月以上の時間をかけるのは、はっきり言ってバカらしいですよね。
また、一度も免許を取ったことのない人たちと同じ土俵で勝負するなんて、プライドが許さないという人も多いのではないでしょうか。
また、一発試験に対応した教習所という手もあります。
この場合、80,000円くらいかかる上、3日もの間、拘束されてしまいます。
ご注文はこちらから

一発免許研究所

一発試験必勝合格マニュアル
挑戦!一発免許Ver2

自動車運転免許を直接試験で受験する方を応援する新サイトを立ち上げました。まだ未完成ですが、是非「挑戦!一発自動車免許Ver2」も参考になさってください。

運転免許失効された方に・・・

自動車運転免許を失効された方に送る。一発免許・技能審査・DVD教材

 いまさら「免許をとるために自動車教習所に通うので、休ませてください」とはとても、会社には言い出せる状態ではないのです。
 それなりの資金も用意しているのですが、とにかく時間が取れないことが一番の問題なのであります。
 それに一発免許は超難関だと聞いてるので直接免許試験を受けて合格するのかも心配なのです。


一発免許合格研究所


飲酒運転はやめよう

この欄を誰かひとりでも目に留めてくれて、酔っ払い運転をするのを思いとどめてくれたら、かなり嬉しいのです。わたしは公安委員会の回し者でもなんでもないです。でも誰にも酔っ払い運転はして欲しくないと思っています。

自分だけは大丈夫なんてなんの根拠もないのに、ついつい飲酒運転をやって取り締まりあって、あえなく御用となる。昔だったら運が悪かったで、罰金を納めて終わったかも知れないけど、最近は酔払い運転即懲戒解雇っていう会社や役所が増えています。

ちょっとだけほんのちょっとだけ、我慢するか、タクシーや代行運転を使えば良かったのに、何の根拠もない自分だけは大丈夫なんていう気持ちで、これまで築きあげてきたすべてのものを失うことになる。

だから、もう飲酒運転はやめましょうね。