正しい右折の方法

はじめに

仮免技能試験において最も重要なのは左折です。左折の方法についてはこれまで、かなり詳細かつしつこく説明してきたつもりであります。ここではこれまで説明してこなかった右折の方法を解説していきたいと思います。

このページでは右折の方法だけを説明するのではなく、右折にいたるまでの走行方法から右折そして右折後までの運転方法を総合的に解説いたしますので、面倒がらずに最初から最後まで読んで理解してください。

至極あたりまえのことでありますが、自動車運転免許試験において、右折をする場合に右折だけが重要なわけでありません。右折にいたる前の処理、右折そのもの、そして右折後の処理とすべてにおいて試されるわけであります。

なんかこのように書くとガンジガラメで運転ができなくなるような気もしますが、これまでの運転がデタラメ過ぎたのですからしかたありません。でも一番最初に免許証を収得したときからデタラメな運転をしていたわけでないことを思い起こしてください。初心者だったころの正しい安全運転の仕方にもどるだけの話ですから。そう難しいことでもないでしょう。

ただし、多くの受験者は運転免許試験場において、正しい安全運転の仕方が試されるということに気がつかず、安易に受験されてあっけなく敗北している方が大勢いるというのも事実です。はやくこのことに気づかなければいけないでしょう。

おおまかな右折に関する解説

左小回り右大回りの法則

左折する場合は左方向はギリギリに幅寄せ状態で回らなければなりません。右折の場合は左折と反対に大きく回っていきます。右折したあとは当然キープレフトを厳守します。

交差点の四形・三角マークを踏んではいけない

T字路にある三角マーク
交差点の中心にある4角マーク

いくら大きく回るといっても交差点等にある四形・三角マークの白線を踏んでは大幅減点かもしくは試験中止になる可能性がありますから、踏まない程度に回ることです。

さて、ここでなぜ四形・三角マークの内側を通るというのが大原則になっているかと言いますと、仮に外側を通ることを原則とした場合には、通過する走行線が互いに交わってしまいますので対向車同士が衝突する危険性が倍加してくるのです。たとえばこちらが右折で、相手も右折でしたら互いに外側を通過したら危なくてしょうがありませんね。互いに内側を通過することによって走行車線は決して交わりません。ですからより危険性の少ない互いに内側を通過するというのが大原則となるわけであります。

スローイン・クイックアウト

交差点の走り方

交差点に入る場合は安全を確認し、ゆっくりと進入して、安全が確認できたら、すばやく交差点をぬけることが大事です。ここでモタモタしていると減点になります。

中には大きな勘違いをしている方もおるかと思います。その勘違いというのは、交差点はゆっくり抜ければ間違いないだろうと思うことです。交差点では直進するにしろ、右左折をするにしろ確実に安全確認し、ゆっくり入りますが、その後は速やかに出るというのが大原則になりますから、このことをしっかり覚えておいてください。

試験中は絶対にラインを踏んではいけない

停止線を踏んではいけません

 試験中は、横断するため仕方なくセンターラインを越す以外はラインを踏んではいけません。停止線があったとします、停止する場合はその停止線の手前で停まらなければいけません。仮に停止線を踏んだり、超えたりした場合は減点になるか、即刻試験中止になることがあります。

 また停止線で停止する場合はあいまいな停止の仕方をしてはいけません。停まる時はがっちりと確実に停止するようにしてください。

 せっかく所定の位置にて一時停止したのに、ブレーキの踏み方が曖昧だったために、車が少しだけ前に動きまして、そこで試験中止になったのを目撃しました。できればサイドブレーキを引くぐらいの心構えが必要となります。

センターラインを踏んではいけません

 同じように右左折する場合にあまりに大きく曲がってしまい、センターラインを踏んでしまうなんてことも絶対に避けなければなりません。

 ある日の試験場で大型トラックのクランクから左折するのを遠くから見ていたのですが、どうしたことかなかなか本道に出てこないのです。注意してみているとそのまま左折するとセンターラインを踏んでしまうので、出られなかったのであります。それから2度ほど切り替えしをしてでてきました。

 余談になりますが、ここで「2度ほど切り替えしを・・・」と書きましたが、クランクで3度切り替えしをやったら運転不能と見なされ、試験中止です。S字カーブおよびクランクでは2度づつ4回までの切り替えしが認められていますが、S字カーブおよびクランクでの3回目の切り替えしは認められていませんのでご注意願います。

T字路にある三角マーク
交差点の中心にある4角マーク

交差点の中央部分に描かれている四形のマークも踏んではいけません。その内側を通るようにしてください。T字路に三角のマークがあるばあいもありますが、これも同様です。

右折の実際

直進ではあくまでキープレフトを保つ

本免試験・縦列駐車1

試験はじぇーーんぶキープレフトでで説明しているとおりに常にキープレフトを保って走行しなければいけませんが、右折する場合は右側に寄せなければいけません。左側の図ではまだキープレフトを保っています。また片側一車線の道路になっておりますが、片側二車線の道路であれば右側(センターライン)の車線に位置を変えなければいけません。

右側へ移動

仮免試験場番号表示写真

試験管が「何番を右折」といったら

鬼の試験官イナガキ

左の試験場写真をみてください。見ておわかりのように仮免の試験場では、主要な試験箇所にはすべてにおいて詳細な番号が振られています。仮免試験はその番号の指示によって行われます。

仮免の試験中は試験官はコースを番号で指示します。いいですか、ここがもっとも肝心なのです。右左折する場合は少なくても30m手前から右折の合図をしなければなりません。当の試験官が30m手前を過ぎてから指示するはずはないのですから、指示があったらすかかさず右折の場合は右側後方の安全確認を目視で行い右側方向指示器を出します。およそ3秒後に右側に寄ります。片側二車線の場合は右側車線に車線変更を行います。

この部分は免許試験全体にかかわる大事な部分ですから、心に刻んでください。問題は目視による安全確認に入るタイミングにあります。30m手前で合図を出すといわれてもほとんどいい加減な状態です。どこが30m手前なのかって正確に割り出すことなんて実際には不可能に近いことなのです。

本免試験・縦列駐車1

「右方向指示器を出してから3秒後ぐらいに右によります。」と前述しましたが、ここでもう一度目視による右後方の安全確認をしないと減点になります。ここでいかに目視による安全確認を多くしなくてはいけないのかに気づかなくてはいけません。そしていかに目視による安全確認が重要かということにも気づかなければなりません。

しつこいようですが、もういちどこのページの下のほうにある「片側2車線での右折の方法」をごらんになって、右折の仕方および試験場での走り方を、しっかり身につけてください。なんどもコース図を見てイメージトレーニングを繰り返すことは絶対に必要なことであります。イメージトレーニングはやろうと思えばどこでもやることができます。

なにかを得ようとしたならば、誰しも対価を支払わなくてはなりません。無償で手にいれられるものなんて、この世の中には存在しません。対価とは必ずしもお金を差すものではありません。情報を集める手間とか、学習する時間とかもろもろのことを差します。結果を得ようとするならば対価を惜しんではいけません。

停止線ではきっちりと停まる

本免試験・縦列駐車1

これ当たり前のような気がしますが、案外これを怠っている方が多いのです。信号機のある交差点で赤もしくは黄色信号の時、踏み切りでの安全確認、優先道路に入る手前等々、一時停止をしなければならない場所はたくさんあります。

一時停止の場所できっちりと停止しないで、「停止したつもり」的なあいまいなことをやりますと即刻試験中止になります。できればサイドブレーキを引き、完全に停止してますよとアピールするぐらいにきっちりと停止するようにしてください。

また左図にもありますが、停止線を前輪で踏んでも超えてもいけません。停止線の手前ギリギリで停止するようにしてください。これも重要なポイントであります。

W停止の原則を理解しよう

本免試験・縦列駐車1

停止線で一時停止したとしても、実際には左右からの車の動向が見えない場合のほうが多いです。停止線で一時停止したからいいではないかと思われがちですが図を見てみればわかりますが、大概の場合は横断歩道の手前に一時停止ラインが設置されています。ここで一時停止するという意味は歩道を歩いてくる歩行者や自転車のための安全確認なのです。

一時停止ラインで歩行者や自転車の安全確認したあとはゆっくりと前に出て再度一時停止して、こんどは車両等の安全確認をしなければならないことになります。当然この安全確認というのは目視でおこなわなければなりません。

ゆっくり入ってすばやく出る

本免試験・縦列駐車1

安全確認を行った後はゆっくりと交差点に入り、すばやく交差点をでなければなりません。このことは私が受験した時には知りませんでした。このサイトの読者の方にメールで教わったことです。私は交差点はゆっくり通過すればいいものと思い込んでいたのです。でも良く考えてみれば交差点をのんびりと通過するというのは、他の車両にも迷惑がかかるし、危険きわまりないことですよね。

よくメリハリのある運転ができてないと注意されることがありますが、こんなところでも指摘される要因になっていると思います。ただゆっくりと走ればいいというものではありません。余談になりますが、仮免試験場の最高速度は何キロだとおもいますか?

制限速度の標識がでていませんから、なんと時速60kmなんですよ。あの狭い場所で時速60km出す人はいませんけれども。では最低速度は何キロですか?これは学科の問題でもありますから調べておいてください。このサイトのどこかにも書かれていますけれども。

片側2車線での右折の方法

重要ポイント“屬鉢番の解説

上記の解説は片側一車線での右折の方法でありましたが、以前に作成していた片側二車線での右折の方法を以下に掲載しておきます。

ここでのポイントは、目視での安全確認・車線変更3秒前に方向指示器を出す・右左折30m手前で方向指示器を出すということです。

普通1種限定解除コース図

(1)右車線へ移動

試運転の区間が終了しますと、右折のためにすぐに右側車線に進路変更をします。この区間は結構忙しいです。進路変更3秒前に方向指示器を出します。その後にに1、2,3と首を振って目視で右後方の確認を行います。シフトダウンを行いエンジンブレーキです。

  • .襦璽爛潺蕁爾髪Ε汽ぅ疋潺蕁爾埜緤の安全確認
  • 右方向指示器
  • 3秒間待ちます
  • ぜ鷽兇螻稜А。吋襦璽爛潺蕁次。憶Ε汽ぅ疋潺蕁次。咳βμ椹
  • ケβΔ愎箆変更
  • Ε襦璽爛潺蕁爾髪Ε汽ぅ疋潺蕁爾埜緤の安全確認
  • Д┘鵐献鵐屮譟璽
  • ┘屮譟璽
  • 停止もしくわ徐行

(2)右折

30m手前から方向指示器を出さなければいけないのでこの区間はそんなに距離はありません。ですから、さきほどの進路変更で右ウインカーがでていますから、そのままにしておきます。

一時停止を行い、前方から車がきてないのを確認して、1、2,3と首を振って目視で右後方の確認をおこない、すみやかに右折をします。ここでノロノロしていれば減点になります。

朗報です!!一発免許のためのDVDとマニュアルが発売されています。

自動車運転免許証失効された貴方に贈る。一発免許サイト管理人ぽー

一発試験 必勝合格テクニック研究所というところから一発免許のためのDVDと冊子がセットになって発売されています。

やはり映像というのは圧倒的な情報量と、かなりの説得力がありますね。特に安全確認のための目視のタイミングなんてものはいくら文章と写真で説明しても説明できないもどかしい部分であります。それをこのDVDの映像ではあっさりと実にわかりやすく説明されてしまっています。なんだか、あまりにあっさりと納得させられてしまって、私は少し(かなり)悔しいです。やられたっていう感じです。

それから私が知らなかった部分ってのもかなり網羅されています。言われて見ればなあーるほどと納得するのですが、指摘されなければそのまま知らないでいたことがたくさんありました。それは残念ながらこのサイトにはアップすることはできません。

「一発免許必勝合格マニュアル」という冊子版も実に合理的に分類され、しかも丁寧でわかりやすく解説されているのには好感が持てますが、私が感心したのは他にA4の印刷物がおまけについてきているんですが、これがまた驚きの情報です。なにせ全国の運転免許センターに電話をかけまくって得た情報だというんだから脱帽ですね。そこまでやるかって感じで開いた口が塞がりません。これもここにアップすることはできないのが実に残念です。

一発免許を一発で合格したいと考える方は購入を考えてもいいのではないでしょか。運転免許に関する書籍は数多く出ていますが、一発免許者だけをターゲットにした教材はおそらく日本で初めてではないでしょうか。こちら「一発試験 必勝合格テクニック研究所」をご覧になってください。

また今回、作者の藤冨氏に特別にお願いして、体験談を投稿していただきました。こちらから「私が一発免許のDVDを作成した理由」をどうぞ。涙なしには読めません。(ウソウソ)

一発免許研究所より提供されたDVDダイジェスト版

一発免許合格研究所では、特別に3分間のDVDダイジェスト版を用意しましたので、ご覧ください。再生時に音声がでますので、あらかじめご了承ください。

「運転ができる」だけでは落ちる

一発免許 必勝合格テクニック研究会藤冨(ふじとみ)

はじめまして!『一発免許 必勝合格テクニック研究会』の藤冨(ふじとみ)です。
お恥ずかしい話ですが、私は以前、スピード違反と酒気帯び運転で2度も捕まり、免許取消になりました。
その前年の交通違反の罰金と合わせて総額28万円も支払った上に免許取消になってしまったため、カミさんからは
「さらに教習所代に20万ものお金が出せるわけないでしょ!」
と激怒され、一発試験を受けることになりました。
実は私も、あるキッカケが無ければ、何も知らずに一発試験を受けに行くところでした。 そして間違いなく不合格になるところでした。
免許の試験は「運転がきちんとできること」を試験する場ではなく、「安全運転がきちんとできること」を試す場なのです。
そのことに気づくことができたお陰で、私は意識を変え、まずは受験を1ヶ月延期しました。 そして、必死に情報収集を行い、トレーニングに取り組んだのです。
その結果、1回目の受験で見事、仮免技能を突破することができました。
しかも、基本中の基本がわかったおかげで、本免許(路上)まで1回も落ちることなく、免許をゲットすることができたのです!

あなたの時間とお金を大切にしてください

一発免許 必勝合格テクニックDVD教材

免許を再度取得するためにはいくつかの方法があります。
1つは認可された教習所に通うこと。
仮免許の取得は楽かもしれませんが、費用は20万円以上かかりますし、2週間〜1ヶ月以上の時間をかけるのは、はっきり言ってバカらしいですよね。
また、一度も免許を取ったことのない人たちと同じ土俵で勝負するなんて、プライドが許さないという人も多いのではないでしょうか。
また、一発試験に対応した教習所という手もあります。
この場合、80,000円くらいかかる上、3日もの間、拘束されてしまいます。
ご注文はこちらから

一発免許研究所

一発試験必勝合格マニュアル
挑戦!一発免許Ver2

自動車運転免許を直接試験で受験する方を応援する新サイトを立ち上げました。まだ未完成ですが、是非「挑戦!一発自動車免許Ver2」も参考になさってください。

運転免許失効された方に・・・

自動車運転免許を失効された方に送る。一発免許・技能審査・DVD教材

 いまさら「免許をとるために自動車教習所に通うので、休ませてください」とはとても、会社には言い出せる状態ではないのです。
 それなりの資金も用意しているのですが、とにかく時間が取れないことが一番の問題なのであります。
 それに一発免許は超難関だと聞いてるので直接免許試験を受けて合格するのかも心配なのです。


一発免許合格研究所


直進車優先の法則

案内娘

 このページは右折の方法について説明しておりますが、交差点での事故は実に多いです。特に多いのが右折車と直進車との事故であります。

 どんな場合においても直進車が最優先であることを考慮しておかなければなりません。今回の説明に使用した図は交差点になっております。こちら側は右折しようとしていますが、対向車線に直進車があった場合はあくまでも相手側が優先です。

 相手直進車を確認したら、無理に右折しようとしないで相手を通過させてから右折するようにしましょう。無理すれば目測を誤る可能性もありますし、右折した先に横断歩道があってそこに歩行者がいたなんてことになったら最悪です。

 けっして無理をしてはいけません。ここで強引に右折してもいくらも時間の節約にはなりません。仮に事故でも起こしたら基本的に8対2ぐらいの過失割合になり、絶対的に貴方の不利となります。

 そのあたりを考慮してあくまでも慎重な運転をお願いいたします。

意外に知らない過失相殺

 前述しました「基本的に8対2ぐらいの過失割合になり、絶対的に貴方の不利となります。」と過失割合についてですが、過失相殺については案外知らないものです。任意保険に加入していれば、保険会社の事故係りが相手と交渉してくれますので、事故を起こしても知らずにすむことでありますけれど。

 過失相殺とは過失割合によってお互いの損害額を相殺することをいいます。例えばあなたの車の値段が100万円だとします。相手側はわかりやすく1000万円だとします。互いの車が全損だとします。

 貴方が8割悪いわけですから、相手に支払う額は800万円です。相手が貴方に支払う額は2割の20万円となるわけです。え!?って思ったでしょう。

過失割合が逆だったら

 仮に相手が8割悪くて貴方が2割悪いってなったらどうでしょう。貴方には80万円が支払われ相手には200万円が支払われるわけであります。

過失割合ってどうやって決めるの

 基本的な過失割合は過去の判例にもとづいて判断します。それに個々の状況を加味して決定します。基本的に8対2だけど、安全を確認しなかったから、7対3なんてふうにです。

 通常任意保険に加入している場合は保険会社の交通事故担当の方と相手方と交渉して決定することになるので、私たちは事故の状況を事故係りの人に正確に報告するだけということになります。

どっちにしても安全運転が大事