一発免許博士

特別に基本になるコース図をPDFファイルで公開しています。それをダウンロードして、実際のコースを書き込んでください。1コースから3コースまでをPDF化して配布することも可能ですが、あえてそれをやりません。なぜか考えてみてください。

それはなぜだかわかりますか?一発免許においてはイメージトレーニングこそが命なのです。そのイメージトレーニングをやるうえで、コースがきちんと書き込まれているものを安易に入手できてしまえば、わざわざ自分の手で書き込むことはしないでしょう。コースをひとつひとつなぞるように書き込むことがイメージトレーニングなのです。重要なポイントも自分なりに取材したり、このサイトから抜き出して鉛筆なりなんなりで書き込んでいくのです。それが合格の早道なのです。真っ白なコース図を自分の言葉で埋めることからはじめてください。

学生時代に板書をノートに写し取る作業をやりましたよね。あれって記憶するためには結構有効な手段だったと思いませんか。教師からおなじものをコピーして手渡されてしまえばどうしても面倒な板書などはしたくないですよね。人間て不思議なもので一見無駄だと思えるものでも、自分で作業することによってようやく自分の身につくことってたくさんあるものなのです。

幕張免許センター以外で受験する人にも参考になるはずです。

残念ながらここでは幕張免許センターだけのコース図が掲載されています。他の免許センターのコース図を集めるだけの気力がありません。でも試験場のコースって基本的なものは同じです。やる試験項目が同じなのですから、あたりまえのことです。ですかこのコース図を使用してイメージトレーニングを重ねることは有意義だと考えます。

試験場においてどこが重要なポイントなのかを理解することです

埼玉だろうが沖縄だろうが、どこの試験場コースだろうが、一目みただけで、どこが重要なポイントだろうかと予測できるまでの水準に達しているかどうかのなのです。わたしはどこの試験場で受験しようが一発合格できる自信が、今はあります。

重要ポイントをバラしてみる

一見して複雑で難しそうにみえるものでも、バラしてみれば案外単純なもので構成されているものです。いちど全部バラして単純化して、その部分を徹底研究し、練習し、再度全体を構成しなおしてみることが肝要です。

たとえば左折箇所に印をつけて、左折時に注意しなければいけない点を書き込みます。そうすれば左折しなければいけない箇所が何箇所かあることに気づきます。そこでは同じ方法を繰り返せば済むことです。一時停止でもそうですよね。なんだかプログラミングのオブジェクト指向みたいだ。関数でもいえるな。

何を書き込むかが問題だ

最初のころは何を書き込んでいいのかわからないと思います。その状態では合格はおぼつかないものと思ってください。一発免許の学習が進むにつれて、じょじょに書き込むべき箇所が増えてくるでしょう。重要な解説は主にこのサイトの普通免許技能試験にまとめられています。それらの内容を書き込むようにしてください。書き込んだら、かならずそれを眺めて自分で試験をやってください。そこで合否の判定をくりかえしてください。駐車している車に持ち込んでハンドルを握ってコースをたどりながらバーチャルなシミュレーションを繰り返してください。車のないかたは椅子に座ってお盆を手にもってやってください。

幕張免許センター基本コース図PDFをダウンロードして上記のとおりのイメージトレーニングを重ねてください。

普通1種仮免コース図

幕張免許センター実技試験基本コース図

第1コース

普通1種仮免第1コース図

第2コース

普通1種仮免第2コース図

第3コース

普通1種仮免第3コース図

朗報です!!一発免許のためのDVDとマニュアルが発売されています。

自動車運転免許証失効された貴方に贈る。一発免許サイト管理人ぽー

一発試験 必勝合格テクニック研究所というところから一発免許のためのDVDと冊子がセットになって発売されています。

やはり映像というのは圧倒的な情報量と、かなりの説得力がありますね。特に安全確認のための目視のタイミングなんてものはいくら文章と写真で説明しても説明できないもどかしい部分であります。それをこのDVDの映像ではあっさりと実にわかりやすく説明されてしまっています。なんだか、あまりにあっさりと納得させられてしまって、私は少し(かなり)悔しいです。やられたっていう感じです。

それから私が知らなかった部分ってのもかなり網羅されています。言われて見ればなあーるほどと納得するのですが、指摘されなければそのまま知らないでいたことがたくさんありました。それは残念ながらこのサイトにはアップすることはできません。

「一発免許必勝合格マニュアル」という冊子版も実に合理的に分類され、しかも丁寧でわかりやすく解説されているのには好感が持てますが、私が感心したのは他にA4の印刷物がおまけについてきているんですが、これがまた驚きの情報です。なにせ全国の運転免許センターに電話をかけまくって得た情報だというんだから脱帽ですね。そこまでやるかって感じで開いた口が塞がりません。これもここにアップすることはできないのが実に残念です。

一発免許を一発で合格したいと考える方は購入を考えてもいいのではないでしょか。運転免許に関する書籍は数多く出ていますが、一発免許者だけをターゲットにした教材はおそらく日本で初めてではないでしょうか。こちら「一発試験 必勝合格テクニック研究所」をご覧になってください。

また今回、作者の藤冨氏に特別にお願いして、体験談を投稿していただきました。こちらから「私が一発免許のDVDを作成した理由」をどうぞ。涙なしには読めません。(ウソウソ)

一発免許研究所より提供されたDVDダイジェスト版

一発免許合格研究所では、特別に3分間のDVDダイジェスト版を用意しましたので、ご覧ください。再生時に音声がでますので、あらかじめご了承ください。

「運転ができる」だけでは落ちる

一発免許 必勝合格テクニック研究会藤冨(ふじとみ)

はじめまして!『一発免許 必勝合格テクニック研究会』の藤冨(ふじとみ)です。
お恥ずかしい話ですが、私は以前、スピード違反と酒気帯び運転で2度も捕まり、免許取消になりました。
その前年の交通違反の罰金と合わせて総額28万円も支払った上に免許取消になってしまったため、カミさんからは
「さらに教習所代に20万ものお金が出せるわけないでしょ!」
と激怒され、一発試験を受けることになりました。
実は私も、あるキッカケが無ければ、何も知らずに一発試験を受けに行くところでした。 そして間違いなく不合格になるところでした。
免許の試験は「運転がきちんとできること」を試験する場ではなく、「安全運転がきちんとできること」を試す場なのです。
そのことに気づくことができたお陰で、私は意識を変え、まずは受験を1ヶ月延期しました。 そして、必死に情報収集を行い、トレーニングに取り組んだのです。
その結果、1回目の受験で見事、仮免技能を突破することができました。
しかも、基本中の基本がわかったおかげで、本免許(路上)まで1回も落ちることなく、免許をゲットすることができたのです!

あなたの時間とお金を大切にしてください

一発免許 必勝合格テクニックDVD教材

免許を再度取得するためにはいくつかの方法があります。
1つは認可された教習所に通うこと。
仮免許の取得は楽かもしれませんが、費用は20万円以上かかりますし、2週間〜1ヶ月以上の時間をかけるのは、はっきり言ってバカらしいですよね。
また、一度も免許を取ったことのない人たちと同じ土俵で勝負するなんて、プライドが許さないという人も多いのではないでしょうか。
また、一発試験に対応した教習所という手もあります。
この場合、80,000円くらいかかる上、3日もの間、拘束されてしまいます。
ご注文はこちらから

一発免許研究所

一発試験必勝合格マニュアル
挑戦!一発免許Ver2

自動車運転免許を直接試験で受験する方を応援する新サイトを立ち上げました。まだ未完成ですが、是非「挑戦!一発自動車免許Ver2」も参考になさってください。

運転免許失効された方に・・・

自動車運転免許を失効された方に送る。一発免許・技能審査・DVD教材

 いまさら「免許をとるために自動車教習所に通うので、休ませてください」とはとても、会社には言い出せる状態ではないのです。
 それなりの資金も用意しているのですが、とにかく時間が取れないことが一番の問題なのであります。
 それに一発免許は超難関だと聞いてるので直接免許試験を受けて合格するのかも心配なのです。


一発免許合格研究所


飲酒運転はやめよう

日本の文化はこれまで、酒飲みに鷹揚で寛大だったような気がします。酒をのんだうえだから、酔っ払っていたのだからしょうがない。なんていうことが平気でまかりとおっていました。実をいえば私も酒を呑んだ上での数々の失敗を重ねてきました。それは恥ずかしくて人様にはとてもいえないことばかりです。

そのいいたくないうちのひとつとして酔っ払い運転もすでに時効にはなっていますが、やりました。でも当時はぜんぜん罪悪感というものがなかったのも確かです。捕まらなければそれでいい。捕まれば運が悪いぐらいの認識しか持ち合わせていませんでした。

しかし、人の親となり、昨今の酔払い運転の事故のニュースを聞き、もし自分の息子や娘がある日突然に犠牲になったらと考えるとぞっとします。また逆に軽い気持ちで酔っ払い運転をして、加害者の立場となってしまったらと思うと・・・・・・・・・・。

だから、もう飲酒運転はやめましょうよ。